厳選した情報商材を順次紹介します
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以下の話は前日と同じように、

『ブログアフィリエイトで日給8万円』のおず事

岡崎よしあき氏「日8無料セミナー」のメール

内容を掲載します。


今、インフォプレナーとして、

月収300万円以上稼いでる方ですが、

過去の軌跡としてこんな精神的に病んでいたとは、

現在の岡崎氏から想像できません。(面識は無いけど)

もし、現在何か精神的に悩んでいる方がいれば、

これを読んでもらって何か参考になればと思い

掲載しました。(泣ける話です)


■ここからはじまりです。

 おずです。

 ちょうど、1年前のことです。
 10月の末ごろでした。

 内観というのを受けに
 富山のほうまで行きました。

 本当に静かな、
 澄んだ空気の場所だったことを
 今でもはっきりと覚えています。

 当時の私は
 本当に孤独感で打ちひしがれていました。

 死んでもいいとすら、
 思っていました。

 死ぬ前に、
 受けに行こう。

 そう思って、受けたのが内観でした。

 内観というのは
 森田療法(Morita therapy)とならんで
 Naikan therapy として
 世界的に認知されている
 数少ない日本の心理療法のひとつです。

 具体的には
 自分の周りにいる人
 親、家族、兄弟、配偶者、友達について

  してもらったこと
  してかえしたこと
  ご迷惑をおかけしたこと

 を年代にわけて、
 一人づつ、丁寧にみていきます。

 お母さんに対してしてもらったこと、
 してかえしたこと、ご迷惑をおかけしたこと

 この3つを、小学校低学年の時、
 小学校中学年のとき、小学校高学年のとき
 中学生、高校生、そのあとの3年づつ、というように
 丁寧に丁寧にみていきます。

 お母さんがおわったら、お父さん。
 おじいちゃん、おばあちゃん、妹、友達、恋人。


 2時間のうち1回ぐらい、
 内観の先生の方が、面接をして下さいます。


「今の時間、どんなことをお調べ下さいましたか」
 と聞かれます。

「お母さんに対して、小学校低学年のころを調べました」
 と答えます。

「お母さんは、毎日ご飯を作ってくれました。」

「それはどんな食事でしたか。」

「めだま焼きでした。」

「次はどんなことを調べて頂けますか。」

「お母さんに対して、小学校中学年のころを調べます。」

「よろしくお願いします。」


 こうして深々と頭を下げられ、
 面接の先生はでていかれます。


 1日15時間。
 7日間にわけて、
 こればっかりやるわけです。

 屏風にかこわれたところで、壁にもたれながら
 ひたすら。

 テレビはみません。
 電話も預かられてしまうので、使えません。
 パソコンも見られません。


 まず、外界というのをシャットダウンするんです。
 これはやってみると、いかに普段、たくさんの刺激があって
 周りの刺激に流されて生きているかが分かりました。


 やりはじめの最初、まず、ひざが痛くなりました。
 ひざは伸ばしてもいいので伸ばしたりしますが
 寝てしまわないように注意しました。


 ただでさえ、忘れっぽくて、
 考えが飛び飛びになってしまう性格ですから
 ひとつのところに座っているのだけでも
 まぁ、大変でした。


 思い出す、ということもなかなかスムースにいきません。
 思うように思い出せない。
 いつの間にか、全く違うことを考えていたりします。

 それでもなるべく自分を責めずに

 「おかあさんにしてもらったこと・・・
  おかあさんにしてもらったこと・・・」

 と思っていると
 ふと、さーっとイメージがわいてくることがありました。

 お母さんがいて、
 お父さんがいて、お休みだった。

 家族4人で坂道を競争して駆け上った。
 夕方だった。
 カラスがないてた。

 田んぼがあって、お味噌汁がおいしくて・・・。

 わけもわからず、
 涙があふれてとまらなくなることがありました。

 お母さんは3歳の僕をおいて、
 ふらふらどっかいっちゃうこともあったけど
 でも、一緒にいてくれたこともたくさんあったんだなぁ・・・。




 こうやって、
 心の奥底にある、わだかまりのようなものがほぐれていきました。


 内観というのは
 最初、私は「感謝しなきゃいけない」ものだと勘違いしていたんですが
 違いました。


 「客観的にみる」ということの訓練でした。


 たった1日2日、おいてけぼりにされたことばかりをみて
 一緒にいてくれた何万日を忘れていたんです。

 そういう心のあり方。こだわり。執着。
 これが、孤独感のもとであり、欝のもとでした。


 私は今でも、この心の傾向はあるので
 寝る前に、少しの時間、この内観をすることをたまにしています。

 そのたびにいつも新しい発見があります。
 こんなことをしてもらっていたのかと、驚きます。

 それをみるたびに、
 してもらったことを全て認識するということは不可能なんじゃないかと思います。

 しかし、だからこそ、
 それらに気づけるだけ気づいていたいとも思うのです。

 本当は毎日、この日常内観やるとよいのでしょうが
 忘れっぽい私はたまにしか、今のところやれていません。 
 


 実はこのメルマガで
 今まで、何度かこの内観の話をさせていただいたところ、
 少なからずの方々がこの内観を受けて下さっていると聞いて
 胸が熱くなりました。

 ここにその記事があります。
 お受け頂いた方々、本当にありがとうございました。


http://www.MShonin.com/regist/rhtcnt.asp?id=32914164270234316593450

■ここでおわり

編集後記
もし、上記内容を読んで何かの売り込みかなと
感じた方は、悲しいかな心に余裕が無い方かと
思われます。

最近の自分もそうでした。

今回この内容をブログに載せているのも、本当は自分自身の
心の問題を大部分は投影しているからです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://infoart2007.blog96.fc2.com/tb.php/34-02fbcca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。